PEフィルムの総合ガイド

PEフィルムとは何ですか?

PE フィルム(ポリエチレン フィルムとも呼ばれます) は、ポリエチレンから作られた薄いフィルム素材です。PEフィルムは、加工方法や要求される性能に応じて、高密度ポリエチレンフィルム(HDPEフィルム)、低密度ポリエチレンフィルム(LDPEフィルム)、直鎖状低密度ポリエチレンフィルム(LLDPEフィルム)などの種類に分けられます。 、など。

PE Film
Printed PE Laminated Film

PEフィルムの分類

1. 密度による分類:
  • HDPEフィルム:ゴミ袋や買い物袋などによく使われる、伸縮性と耐引裂性に優れた高密度ポリエチレンフィルム。
  • LDPEフィルム:低密度ポリエチレンフィルム、柔らかくて透明度が高く、無毒で無臭で、食品保存袋、医薬品包装袋などの製造によく使用されます。
  • LLDPE フィルム: 直鎖状低密度ポリエチレン フィルム。HDPE フィルムの強度と耐久性と、LDPE フィルムの柔らかさと透明性を組み合わせたもので、包装袋、農業用フィルムなどの製造に広く使用されています。
  • MDPEフィルム:中密度ポリエチレンフィルムで、柔らかさと透明度の高さも特徴で、ガーメントバッグやシューズバッグなどの製造によく使用されます。
  • UHMWPEフィルム:耐摩耗性、耐薬品性、低摩擦係数に優れた超高分子量ポリエチレンフィルムで、高級保護材や摺動材などの製造に適しています。
2. 用途による分類:
  • PE保護フィルム:さまざまな素材の表面を傷、汚染、損傷から保護するために使用されます。このフィルムは、密度、色、粘度などによってさらに分類できます。
  • PE 粘着包装フィルム: 一般的な用途には、ハードウェア製品、工具ハードウェア、家具ハードウェア、自動車部品、照明器具などの真空パッケージへの接着が含まれます。
  • その他の特定用途 PE フィルム: コンデンサー、バッテリー絶縁などの特定の分野で使用される PE フィルムなど。
3. 粘度による分類:
  • 超低粘度PEフィルム
  • 低粘度PEフィルム
  • 中低粘度PEフィルム
  • 中粘度PEフィルム
  • 高粘度PEフィルム
  • 超高粘度PEフィルム

PEフィルムの性能特性

  1. 優れた機械的特性: P​​E フィルムは高い強度と硬度を示し、簡単に破損することなく大きな引張力と圧縮力に耐えることができます。これにより、梱包された商品や製品を外部の損傷から効果的に保護することができます。さらに、PE フィルムは優れた耐摩耗性と耐引裂性も備えており、実際の用途での耐久性がさらに向上します。
  2. 優れたバリア性: PE フィルムは優れたガスバリア性、特に空気と酸素を遮断する能力を備えています。これにより、パッケージ内の製品の酸化や腐敗を防ぎ、製品の保存寿命を延ばすことができます。さらに、PE フィルムは湿気やその他の液体の浸透を効果的にブロックし、包装内容物の乾燥と完全性を保証します。
  3. 優れた耐薬品性: PEフィルムは、酸、アルカリ、腐食に対して優れた耐性を示し、さまざまな化学薬品の侵食に耐えることができます。これにより、化学製品、農薬、その他の腐食性製品の包装に特に有利となり、製品の安全性と安定性が確保されます。
  4. 耐湿性と透湿性: PEフィルムは耐湿性に優れ、透湿性が低いため、水の浸透を効果的に防ぎ、製品を湿気から保護します。この特性により、PE フィルムは湿気の多い環境でも良好な性能を維持でき、包装内容物の乾燥と安全性が確保されます。
  5. 環境に優しくリサイクル可能: PEフィルムはリサイクル可能な材料であり、環境要件を満たしています。適切なリサイクルと処理により、環境汚染を軽減し、資源循環を実現します。

PEフィルムの用途

  1. 包装産業: PE フィルムは包装産業で重要な役割を果たしています。衛生用品、食品、医薬品、飲料、電子機器、ハードウェア製品などのさまざまな商品の包装材料として機能し、湿気、酸素、粉塵などの外部環境要因から効果的に保護します。また、PEフィルムは印刷性能にも優れ、多様な包装ニーズに応えます。
  2. 農業: PE フィルムは農業に幅広く応用されています。温室の被覆材として一般的に使用され、温室内の温度と湿度を効果的に調整して作物に最適な生育条件を提供します。さらに、PEフィルムは、土壌水分を保持し、地温を上昇させ、作物の成長を促進するための農業用マルチフィルムとして利用されています。
  3. 建設業界:建設分野では、屋根、地下室、浴室、その他の防水層の防水材として PE フィルムがよく使用されます。優れた防水性能により、建物の水による浸食を効果的に防ぎ、建物の耐用年数を延ばします。さらに、PEフィルムは建物の断熱性を高める断熱材としても使用できます。
  4. エレクトロニクス産業:電子製品の製造プロセスにおいて、画面や筐体などの脆弱な部分を保護するために PE フィルムが広く使用されています。傷、指紋、ほこりの汚れを効果的に防止し、製品の外観品質と耐用年数を向上させます。
  5. 自動車製造:自動車の製造工程において、ボディ塗装、ライト、ミラーなどの車両の外面を保護するためにPEフィルムが使用されています。これにより、製造中や輸送中の車両の損傷を防ぐだけでなく、車両の清浄性と美観を維持することもできます。車両。

PEフィルムの製造工程

  1. 原料の準備:原料として高品質のポリエチレン樹脂を選択し、製品の性能要件に応じて酸化防止剤や帯電防止剤などの適切な添加剤を加えて、PEフィルムの性能を向上させます。
  2. 押出成形:ポリエチレン顆粒と副原料を一定の割合で混合し、押出機で加熱します。押出機内で、スクリューが混合物を加熱ゾーンに押し込んで溶かします。高温高圧下で、混合物はダイを通して連続的なプラスチック溶融流に押し出されます。
  3. ブロー成形:溶けたポリエチレンが狭いスリットを通って流れ、平らなフィルムに絞り出されます。ブロー成形中、管状フィルムは高圧空気によって所望の厚さまで膨張し、その後冷却されて成形されます。膨張率は、膨張していないチューブリングの直径に対する膨張したフィルムの気泡の直径の比であり、フィルムの性能を制御するための重要なプロセスパラメータの 1 つです。
  4. コーティング: PE保護フィルムの仕様と適用分野に従って接着剤を調製し、専門のコーティング機を使用して基材上に接着剤を均一にコーティングします。
  5. 印刷:グラビア印刷機を使用して、印刷版をインキタンクに浸し、ドクターブレードで非彫刻部分のインキを除去し、その後圧ローラーの作用でインキを基材に転写します。
  6. 冷却と固化:形成されたフィルムは冷却装置に入り、空冷または水冷によって急速に固化し、フィルムの物理的特性が良好になります。
  7. 巻き戻しとスリット:冷却して固化した後、フィルムは巻き戻しとスリットのステップを経ます。巻き戻しとは、半製品や完成品を検査機で巻き戻し、サンプル基準を満たさない場合は不合格となります。スリットとは、フィルムロールをお客様のご要望に応じて指定されたサイズにカットすることです。
  8. 包装:最後に、検査され分割された PE フィルム製品は、専門的な包装のための全自動包装機に輸送されます。
PEフィルムの製造工程

PEフィルムの仕様

  1. 厚さ: PE フィルムの厚さはさまざまで、一般的な厚さは 0.01 mm から 0.2 mm の範囲です。0.12mm、0.15mm、0.2mm、0.3mm、0.4mm、0.5mm、0.6mm、0.7mm、1.0mm、1.2mm、1.5mm、2.0mmなどのさらに厚いオプションも利用できます。PE フィルムの厚さはさまざまな用途に適しており、特定のニーズに基づいて選択できます。
  2. 幅: PE フィルムの幅も重要な仕様パラメータであり、通常は 100mm ~ 2000mm の範囲です。幅は顧客の要件に応じてカスタマイズすることもでき、さまざまな分野のさまざまな用途のニーズを満たすことができます。

PEフィルムと他の種類のフィルムの違い

  1. CPP フィルム:キャストポリプロピレンとしても知られる CPP フィルムは、キャスト押出プロセスを通じて製造されるポリプロピレン (PP) フィルムの一種です。加工の性質上、機械方向 (MD) にある程度の配向のみを有する無配向フィルムです。
    • 機械的特性: CPP フィルムは通常、PE フィルムと比較して機械的強度、特に引張強度が高くなります。
    • 密度: CPP フィルムの密度 (0.91) は、PE フィルムの密度 (0.93) よりわずかに低くなります。
    • 耐寒性: PE フィルムは摂氏 -18 度までの温度で良好に機能しますが、CPP フィルムは氷点下では脆くなります。
    • 透明性: CPP フィルムは通常、PE フィルムよりも優れた透明性を持っています。
    • 化学的安定性: PE フィルムは CPP フィルムよりも優れた耐薬品性を示します。
    • 用途: CPP フィルムは、優れた透明性、高光沢、剛性で知られており、衣類、花の包装袋、書類スリーブ、食品包装などの分野で幅広い用途に使用されています。
  2. PETフィルム: PETフィルムはポリエステルフィルムとも呼ばれ、優れた特性を備えた総合包装フィルムです。通常、ポリエチレン テレフタレート (PET) から押出ブロー成形または注型によって製造されます。
    • 機械的特性:PETフィルムは、剛性、硬度、靱性、耐突刺性、耐摩耗性などの優れた機械的特性を備えています。
    • 化学的安定性:PETフィルムは化学薬品や油に対して優れた耐性を示します。
    • 価格: 通常、PET フィルムの価格は高くなります。
    • 用途: PET フィルムは一般的に使用されるバリア フィルム基材であり、包装業界で広く使用されています。
  3. PAフィルム: PAフィルムはナイロンフィルムとも呼ばれ、透明性と光沢性に優れた耐久性の高いフィルムです。
    • 材料特性: ナイロンフィルムは、良好な引張強度およびその他の物理的特性を示します。
    • 用途:ナイロンフィルムは食品包装や工業用包装など様々な分野で使用されています。

PEフィルムの価格に影響を与える要因

  1. 原料価格: PEフィルムの主原料はポリエチレンであり、価格は石油価格などの影響を受けます。国際原油市場の変動はポリエチレン価格の不安定につながる可能性があり、それによってPEフィルムのコストと価格に影響を与える可能性があります。さらに、さまざまな種類やブランドのポリエチレン材料の価格の違いも、PE フィルムの価格に影響を与える可能性があります。
  2. 生産コスト: PE フィルムの生産および加工における原材料費、人件費、設備、メンテナンスなどのさまざまな要因が価格に影響を与える可能性があります。特に近代化された生産プロセスでは、生産プロセスや技術レベルなどの要因が PE フィルムの価格に重大な影響を与える可能性があります。
  3. 需要と供給:市場には多数のサプライヤーが存在しますが、製品の品質や価格などには違いがあります。一部の有名な国際化学大手は世界的に大きな市場シェアを持っていますが、一部の国内企業も一定の競争力を持っています。需要面では、地域や業界によって需要に違いがあります。包装業界では高い透明性、耐久性、リサイクル性に対する要求が高く、農業分野では遮光性と耐候性に対する要求が高くなります。これらの要因は PE フィルムの需要と供給のバランスに影響を及ぼし、その結果価格に影響を与える可能性があります。
  4. 市場競争:熾烈な市場競争では、生産企業は市場シェアを争うために値下げやプロモーションなどの戦略を採用する可能性があり、それがPEフィルムの価格に影響を与える可能性もあります。
  5. 環境方針:環境意識の高まりに伴い、生分解性でリサイクル可能な PE フィルムの需要も増加しています。政府は環境に優しい包装の開発を促進するために関連政策を導入する可能性があり、これは PE フィルムの価格にも影響を与える可能性があります。

包装業界におけるPEフィルムの利点

  1. 優れた柔軟性・伸縮性: PEフィルムは柔軟性・伸縮性に優れており、加工しやすく使いやすいです。これにより、PE フィルムはさまざまな形状やサイズの包装要件に簡単に適応でき、製品をしっかりと包装して輸送中の損傷を防ぎます。
  2. 優れた耐薬品性: PE フィルムは酸、アルカリ、塩、および一部の有機溶剤に対する優れた耐性を備えているため、腐食性または敏感な商品の包装に理想的です。
  3. 優れた耐熱性: PEフィルムは一定の温度範囲内で安定した性能を維持でき、さまざまな温度条件下での包装要件に適しています。
  4. 高い透明性: PEフィルムは透明性が高く、光を透過するため、包装後でも製品がはっきりと見え、製品のディスプレイ効果が向上します。
  5. 環境に優しく省エネ: PEフィルムはリサイクル可能な材料で作られており、環境に優しく省エネの特性を示します。PEフィルムを包装材に使用することで、再生不可能な資源への依存を減らし、廃棄物排出量を削減し、廃棄物処理による環境負荷を軽減し、社会の持続可能な発展に貢献します。
  6. 耐湿性と防塵性: PEフィルムは、湿気や埃がパッケージの内部に侵入するのを効果的に防ぎ、製品を汚染や損傷から保護します。
  7. エレガントな外観: PEフィルムを延伸するとコンパクトなユニットを形成し、製品トレイをしっかりと包み込み、エレガントで寛大な外観を提示し、製品のグレードとイメージを向上させるのに役立ちます。

PEフィルムの保管および輸送上の注意事項

保管上の注意:
  1. 温度管理: PE フィルムは直射日光を避け、涼しい場所に保管してください。材料の変形や固着の原因となる過度の高温または低温を避けるため、理想的な保管温度は 5°C ~ 30°C です。
  2. 湿度管理:湿気により固着や劣化が生じる可能性があるため、PE フィルムと湿った表面との接触を避けてください。保管環境の相対湿度を低く維持すると、PE フィルムの保存寿命を延ばすことができます。
  3. 鋭利な物体を避ける:傷や穴が開くのを防ぐため、PE フィルムを鋭利な物体から遠ざけてください。
  4. 積み重ね方法: PE フィルムを積み重ねるときは、折り目や圧縮を避けるために垂直に積み重ねることをお勧めします。
  5. 火災予防対策:火災事故を防ぐために、PEフィルムの保管場所には耐火性の材料を使用し、消防設備を定期的に点検する必要があります。
  6. 有効期限を守る: PE フィルムの有効期限は通常約 1 年です。保護フィルムの有効期限が切れると本来の性能が失われる可能性がありますので、有効期限を守り速やかに交換する必要があります。
輸送上の注意:
  1. 梱包: PE フィルムは、圧縮、衝撃、振動などの外力による影響を防ぐために、輸送中に適切に梱包する必要があります。フィルムの完全性を保護するには、適切な包装レイアウトと充填剤の使用が重要です。
  2. 輸送環境:輸送時は温度管理にも注意し、過度の高温または低温によるフィルムへの悪影響を避けるため、5℃~35℃の範囲に保ちます。
  3. 日光を避ける:直射日光に長時間さらされると、PEフィルム素材が老化し、保護性能が低下する可能性があります。したがって、輸送中は、フィルムが日光に長時間さらされないよう保護する必要があります。

個人衛生分野におけるPEフィルムの応用

女性用生理用ナプキンと生理用ライナー

PEフィルムは伸縮性と防水性を備え、女性用生理用ナプキンやライナーの底面フィルムや表面材として広く使用されています。製品の快適性と通気性を確保しながら、液体の漏れを防ぎます。

大人用おむつ

大人用おむつにおいても、PEフィルムは重要な役割を果たします。おむつの下側フィルムとして使用することで、おむつの内部を乾燥と清潔に保ちながら、尿漏れを効果的に防ぎます。

個人用衛生包装

PEフィルムは、防湿・防塵特性があるため、ウェットティッシュや綿棒などの衛生用品の包装によく使用され、保管や輸送時の清潔さと衛生性を確保します。

あなたは私たちに言います。 私たちは聞きます。

 

赤ちゃん用おむつ、大人用おむつ生理用ナプキンウェットティッシュ、その他の衛生用品の原材料について知りたい場合は、右側のフォームからお問い合わせいただくか、直接電子メールを送信してください: