不織布の応用開発

不織布って何に使うの?

不織布 、不織布、織物、化学、機械、熱、湿式などの加工方法を経て、短繊度や短繊度を直接製造してられる布地のことです。特殊な技術と設備を用いてフィラメントを使用して製造されています。

不織布の起源と発展

不織布の起源は 20 世紀半ばで、その製造原料は主に繊維工場の端材や再生繊維などの低品位原料に依存しており、主に低価格帯の繊維の代替品として限定された用途に使用される厚くてかさばるバットが主な製品でした。 -アプリケーションを終了します。

1960 年代には、不織布が医療分野、特に手術室やヘルスケア製品に参入し始め、衛生業界や医療業界での普及がさらに促進されました。

1970 年代、不織布産業は家庭用品、自動車内装、濾過材などの他の分野にも拡大しました。

1980年代に入ると、生産技術の向上に伴い不織布の市場需要が徐々に増加し、従来の湿式加工から乾式加工へ移行し、生産効率と品質が向上しました。

1990年代に入り、不織布市場はさらなる拡大と発展を続け、技術の進歩と市場の需要の変化に伴い、不織布の種類と用途は拡大と革新を続けました。

現在、不織布は繊維産業に欠かせない存在となっており、医療用防護マスクの芯材としてメルトブローン織物が使用されるなど、優れた性能と幅広い用途で市場の発展が期待されています。パンデミック下で重要な役割を果たし、不織布の適用範囲をさらに拡大します。

Global Nonwoven Market Value
世界の不織布市場価値

不織布の特徴とメリット

特徴:
  • 【素材・構造】不織布は、縦糸・横糸を使用せず、物理的な方法で繊維を直接結合させたもので、裁断・縫製に便利で、繊維の隙間が大きく多孔質な構造のため、通気性に優れています。
  • 原材料・風合い 不織布の主原料はポリプロピレン樹脂であり、軽くてふわふわした質感と心地よい手触りに加え、適度な柔らかさがあり快適な着心地を実現します。
  • 防水・撥水性:ポリプロピレンは水を吸収しないため、不織布製品は撥水性があり、乾燥した状態を保ちやすいです。
  • 強度と方向性:不織布を使用した製品は方向性がなく、縦方向、横方向の強度が同等です。
利点:
  • 環境への優しさと再利用性: 不織布は環境に優しく、無害な製品で、無毒、無臭、皮膚刺激性がなく、環境原則に沿ってリサイクルおよび再利用することができます。
  • 抗菌性と耐腐食性: ポリプロピレンは化学的に不活性な材料で、虫害に強く、腐食性液体からバクテリアや昆虫を隔離することができるため、抗菌性があり、アルカリ腐食にも耐性があります。
  • 防水・耐湿性:ポリプロピレンの優れた耐熱性、耐食性、耐薬品性に​​より、不織布は優れた防水性と耐湿性を示し、梱包された商品を効果的に保護します。
  • 幅広い用途:不織布は、医療、衣料、充填材などさまざまな分野で幅広く使用されており、その多様な特性と利点により、さまざまな業界のニーズに応えています。

繊維産業における不織布の役割

不織布の出現は、伝統的な繊維原理に革命をもたらしました。その短い処理フロー、速い生産速度、高生産量、低コスト、多用途の用途により、繊維業界で急速に広く使用されるようになりました。ショッピングバッグやシーツ、カーテンなどのさまざまな家庭用品だけでなく、医療、衛生、農業などの分野でも活用され、各業界の多様なニーズに応えています。

不織布は、優れた性能と多様な品種により市場で支持されており、耐湿性、通気性、柔軟性、軽量性、分解性などの繊維業界独自の特長を有しており、カスタマイズ性も高い。 、特定の要件に応じたカスタマイズされた生産が可能になり、市場の多様な需要に対応します。

繊維業界における不織布の重要性はますます高まっており、製品の環境性能に注目する消費者がますます増えており、不織布はリサイクル性や分解性などの特徴を備えた環境に優しい素材として、現代の持続可能な開発の概念と合致しています。したがって、繊維業界における不織布の市場シェアは拡大し続けています。

不織布の製造原理と製法

生産原理:

不織布の製造原理は、従来の紡糸や製織プロセスではなく、繊維の直接結合に基づいており、物理的、化学的、または機械的方法を利用して、繊維またはフィラメントを方向性またはランダムに配置し、繊維ウェブ構造を形成します。この構造をさまざまな方法で強化して、ある程度の強度と安定性を備えた布地のような素材を作成します。

プロセスフロー:
  1. 繊維の準備:まず、ポリエステル繊維やポリプロピレン繊維などの適切な繊維原料を選択し、洗浄、乾燥、切断などの前処理工程を経て、品質と適合性を確保します。

  2. 繊維ウェブの形成: 処理された繊維は、機械式またはエアレイ法を使用して繊維ウェブに形成されます。このプロセスには、ウェブ内での繊維の均一な分布と配向を確保するためのカーディング、レイイング、およびその他のステップが含まれる場合があります。

  3. ウェブの固化: 繊維ウェブの形成後、その強度と安定性を高めるために固化する必要があります。固化方法には、熱結合、化学結合、ニードルパンチング、または水流交絡が含まれます。これらの方法は、ウェブ内の繊維を絡み合わせて固定し、形成しますある程度の厚みと密度のある不織布。

  4. 後処理: 強化された不織布は、乾燥、成形、切断、梱包などの追加の後処理ステップを受ける場合があり、これらのステップは不織布の性能と外観品質をさらに向上させ、特定の用途要件を満たすのに役立ちます。

繊維の準備と加工

繊維の準備と加工

繊維の準備:

  • 繊維原料の選択:不織布の品質は繊維原料の選択が重要であり、一般的な繊維原料としては、天然繊維(綿、毛、麻、絹など)と合成繊維(ポリエステル繊維など)が挙げられます。繊維原料は、不織布の用途や要求に応じて適切なものが選択される。
  • 前処理: 通常、繊維原料はさらなる処理の前に、洗浄、乾燥、切断などの前処理ステップを経て、不純物を除去し、繊維長を調整し、繊維の品質を確保します。
繊維加工:
  • 開繊: 開繊の目的は、その後の繊維ウェブ形成のために繊維を分散させて緩めることです。これは通常、繊維が緩んだ状態でウェブ構造全体に均一に分散されるようにするための機械的または化学的方法によって達成されます。
  • 繊維化: 繊維化には、繊維原料を紡糸可能な繊維に変えるための一連の処理ステップが含まれます。これには、開繊、洗浄​​、ブレンド、染色、グレーディング、およびその他のステップが含まれます。開繊は、材料内の繊維を分離するため、繊維化における重要なステップです。その後の処理。
  • 繊維の延伸: 繊維化後、繊維材料はさらなる処理のために繊維延伸機に入ります。このステップには、繊維の物理的特性を向上させるための延伸、ねじり、熱セット、およびその他の処理が含まれます。さらに、繊維表面にはコーティング、プレス、コーティングが施される場合があります。滑らかさと繊細さを高めるためのその他の処理。

繊維ウェブ形成技術と装置

  • 機械的ウェブ形成技術: この技術には、機械的な力を使用して繊維材料を引き延ばし、広げ、織り交ぜてウェブ状の構造にすることが含まれます。通常、カード機やウェブ敷設機などの機器が使用されます。繊維はカード化され、ウェブベルト上に均一に配置されます。一定の密度と均一性を備えた繊維ウェブを形成します。

  • エアレイドウェブ形成技術: この技術は、空気流を利用して繊維材料を懸濁し、ウェブ形成領域に輸送し、空気流の作用下で繊維が絡み合ってウェブ構造を形成します。エアレイド機械は、柔らかくふわふわした不織布の製造に一般的に使用されます。製品。

  • ニードルパンチウェブ形成技術:繊維ウェブに専用のニードルパンチ装置を用いて穴をあけ、繊維を絡み合わせて網目構造を形成させる技術で、不織布の強度や安定性が向上し、厚手の不織布を製造する場合によく使用されます。より密度の高い製品。

  • 水流交絡(ウォータージェット)ウェブ形成技術:この技術では、高圧ウォータージェットを使用して繊維ウェブにスプレーし、水圧作用下で繊維を再配列して絡み合わせ、生地に固化させます。化学結合剤であり、エネルギー消費が少なく、処理工程が短いため、包装材、ろ過材、医療衛生材などの分野で広く使用されています。

  • サーマルボンディングウェブ形成技術: この技術は、熱可塑性ポリマー材料の特性を利用しています。加熱すると、一部の繊維またはホットメルトパウダーが軟化し、溶けて繊維が結合します。冷却後、ウェブが強化され、サーマルボンド不織布が形成されます。熱接着法は、ジオテキスタイルや自動車内装材など、強度と安定性の高い不織布製品の製造に適しています。

接着方法と補強方法

  1. ヒートシール:二層の不織布素材を加熱し圧力を加えて溶かして貼り合わせる方法で、強力な接着を確保するためにシール前に素材の表面を清浄にする必要があります。不織布素材の種類や厚みに応じて調整します。

  2. 接着接着:2枚の不織布素材を特殊な接着剤を用いて貼り合わせる方法で、作業が簡単で便利ですが、接着剤を選ぶ際には、揮発性が低く、酸・アルカリに強い接着剤を選ぶことが重要です。有害な物質を使用している。

  3. ステッチ:2枚の不織布を針と糸で縫い合わせる方法で、強度が高く、特に厚手の不織布を繋ぎ合わせるのに適しています。ステッチパターンや長さに注意してください。 、およびねじの材質を考慮して、強力で美しい接続を確保します。

 

不織布の分類

不織布は製造工程により以下の種類に分類されます。

  1. 水流交絡不織布:高圧の微細なウォータージェットを繊維ウェブに吹き付けることで繊維が絡み合い固化し、生地に一定の強度を与えます。

  2. 熱接着不織布: 繊維ウェブは、繊​​維状または粉末の熱可塑性結合材料を添加し、熱溶融および冷却して生地に固化することによって強化されます。

  3. エアレイド不織布:無塵紙またはドライレイド紙不織布とも呼ばれます。

  4. 湿式不織布:水媒体中に置かれた繊維原料を単繊維に開繊し、湿潤状態でウェブ化し、さらに固化させて布帛とする。

  5. スパンボンド不織布: 繊維ウェブは、自己接着、熱結合、化学結合、または機械的強化方法を経て、不織布に変わります。

  6. ニードルパンチ不織布: 緩い繊維ウェブをニードルの穿刺作用によって強化して布地にします。

不織布は用途に応じて以下のカテゴリーに分類されます。

  1. 医療および衛生製品: 手術用ガウン、帽子、マスク、病院用ベッドシーツ、枕カバー、生理用ナプキン、おむつ、失禁パッド、使い捨て下着など。

  2. アパレル・履物:芯地、肩パッド、作業服、防塵衣料、保温中綿、子供服、合成スエード、合成皮革、靴の中敷きなど。

  3. 家庭用装飾品: カーペット、壁装材、ショッピングバッグ、ソファ張り生地、ベッドカバー、シーツ、カーテンなど。

  4. 工業用ファブリック:バッテリーセパレーター、濾過材、研磨布、電気絶縁布、自動車ドアライナー、遮音フェルト、断熱パッド、各種工業用ワイピングクロスなど。

不織布の性能と用途

パフォーマンス:

  • 軽量:ポリプロピレン樹脂を主原料とした不織布は、比重がわずか0.9と綿の5分の3と軽く、ふわふわで手触りが良いのが特徴です。
  • 【柔らかさ】 細い繊維を熱で溶かして結合させて形成された不織布は、適度な柔らかさがあり、心地よい感触を与えてくれます。
  • 撥水性と通気性:不織布は水分を吸収せず、水分含量がゼロであるため、完成品は優れた撥水性を発揮し、繊維100%の多孔質構造により通気性が良く、生地の表面をドライな状態に保ちます。
  • 環境に優しく無毒:不織布で作られた製品はFDAグレードの原材料を使用しており、無毒、無臭、皮膚への刺激がないことが保証されており、安全で便利です。

アプリケーション:

  • 医療・衛生分野:不織布は、手術用ガウン、防護服、消毒用ラップ、マスク、おむつ、生理用ナプキンなど、医療・衛生分野で幅広く応用されており、その非毒性・非刺激性の特性により、特に医療・衛生分野での使用に適しています。医療用品。
  • ホームデコレーション:不織布は、壁装材、テーブルクロス、ベッドシーツ、ベッドカバーなどのホームデコレーションにも使用でき、その柔​​らかさと通気性により、家庭環境に快適な感触をもたらします。
  • アパレル:アパレル業界では、不織布は裏地、接着芯地、詰め物、整形綿、各種合成皮革基材などとして一般的に使用されています。その軽量で柔らかい特性により、衣服がより軽量で快適になります。
  • 産業用途: 産業では、不織布は濾過材、断熱材、セメント包装袋、ジオテキスタイル、包装布などとして使用されています。その耐湿性と難燃性により、不織布は産業分野において不可欠なものとなっています。
  • 農業:農業では、不織布は作物保護、苗栽培、灌漑用布地、断熱カーテンなどに使用され、作物に良好な生育環境を提供します。

また、不織布はスペースコットン、断熱・遮音材、油吸収パッド、タバコのフィルターチップ、ティーバッグの封筒などの分野でも広く使用されており、健康や環境への関心が高まる中、不織布の用途はますます高まっています。消費財、家具、農業、環境保護などの分野で繊維の用途は徐々に拡大しており、その優れた性能と幅広い用途により、不織布は現代の生活に欠かせないものとなっており、また、技術の進歩と市場の拡大により、将来不織布の応用の可能性はさらに広がります。

不織布市場の現状と展望

現在の状況:

  1. 熾烈な市場競争:不織布市場は、製品の均質化が著しく、医療衛生、家庭装飾、アパレル、産業などの分野で不織布が広く使用されることにより、市場競争が激化しています。
  2. 技術レベルと製品品質:現在、ポリエステル不織布の生産技術は遅れており、海外の先進レベルとの一定のギャップがあり、製品の品質にばらつきが生じ、市場競争力に影響を与えていますが、技術の進歩に伴い、生産技術の向上が見込まれています。ポリエステル不織布の性能は徐々に向上し、安定した品質向上が期待できます。
  3. 原材料・設備投資:不織布の主原料はポリプロピレンであり、その価格変動が不織布の価格に直接影響するほか、生産設備の違いも不織布の品質に影響を及ぼし、設備投資や技術投資の変動により不織布の品質が変動します。不織布の引張強度、表面処理技術、均一性、手触りなどの違い。

展望:

  1. 技術革新による開発:技術の進歩に伴い、不織布の生産技術も進化し続け、製品の品質が向上し、市場競争力が高まります。
  2. 環境意識の高まり: 環境意識の高まりに伴い、環境に優しい素材としての不織布の需要は増加し、繊維廃棄物を発生させずにリサイクルおよび再利用できるため、環境要件に適合し、広大な市場の可能性が期待できます。
  3. 多様な用途需要:不織布は、医療衛生や室内装飾などの従来の分野だけでなく、アパレル、工業、農業などの分野でも幅広く使用されており、特にホテル、観光、キッチンなどの分野の発展に伴い、不織布タオルなどの活用が広がっています。

環境保護と持続可能な発展における不織布の役割

不織布は、耐湿性、通気性、柔軟性、軽量、難燃性、非毒性、手頃な価格、リサイクル性などの特徴を有しており、様々な分野で幅広く応用されています。

不織布はリサイクル可能であるため、使い捨て製品からの廃棄物が大幅に削減され、環境保全活動にプラスの効果をもたらします。さらに、不織布は比較的早く分解するため、環境への影響が最小限に抑えられます。製造プロセスでは、不織布は通常、化学的に不活性な材料を使用するため、放出が減少します。有害なガスや汚染物質を除去し、環境汚染を軽減します。

不織布製品は生分解性素材で作られているため、使用後は急速に分解し、環境への影響をさらに軽減し、持続可能な開発の原則に沿っています。

不織布に関するよくあるご質問

不織布は、化学的、機械的、熱的、または湿式の処理方法によって製造される繊維シートの一種であり、糸から織られる従来の織物とは異なり、特殊なプロセスと装置を使用して短繊維またはフィラメントから直接製造されます。不織布には、ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロンなどの合成繊維や天然繊維があり、吸水性、通気性、柔らかさ、耐久性、耐薬品性に​​優れているのが特徴です。

医療用および衛生用の布地: 不織布は、便利で安全、衛生的に使用できます。細菌や院内交差感染を効果的に予防および制御し、医療環境に安全な保証を提供します。手術用ガウン、防護服、消毒の製造に使用されます。ラップ、マスク、おむつ、女性用生理用ナプキンなど。

ホームデコレーションファブリック:不織布は柔軟で軽量で、壁装材、テーブルクロス、ベッドシーツ、ベッドカバーとして使用できます。

衣料用生地:芯地、中綿、形付け綿、各種合成皮革の基材として使用されます。

工業用ファブリック:不織布は防湿性、難燃性があり、フィルター材、断熱材、セメント包装袋、ジオテキスタイル、カバーファブリックとしての使用に適しています。

農業用繊維:不織布は管理が容易で、軽量で断熱性に優れているため、保護カバー、苗マット、灌漑布、断熱カーテンなどの作物保護資材としての使用に適しています。

不織布には、軽量、柔らかさ、通気性、環境に優しい、無毒、強度、耐磨耗性、抗菌性、耐薬品性、加工容易、防湿性、難燃性、低コスト、などの利点があります。リサイクル可能。

素材と構造:不織布は主に短繊維や長繊維をカーディング、ウェブ形成、成型などの手法により主成分の繊維が網目構造を形成して作られているのに対し、従来の織物は主に天然繊維を織ったり編んだりして作られています。または化学繊維。糸やフィラメントで規則的な幾何学的構造を形成します。

性能と用途:不織布は、医療用包帯、衛生用品、防音・断熱材、包装材など、医療、衛生、工業、農業などのさまざまな分野で広く使用されています。通気性、吸湿性、着心地の良さが評価され、主に衣料品、ホームテキスタイル、カーテンなどに使用されています。

生産プロセス: 不織布は伝統的な繊維原理から脱却し、不織布技術を採用することで、生産プロセスの短縮、生産速度の向上、歩留まりの向上、コストの削減を実現します。伝統的な織物は、紡績車や織機などの手動のツールや技術に依存しています。 . 紡績、織り、染色、刺繍などの複雑な工程を経て作られています。

1. 前処理:原料を洗浄や粉砕などの工程を経て不純物や汚染物質を除去し、繊維の純度や品質を確保します
2. 混合およびブレンド:異なる種類の繊維を混合して繊維ブレンドを形成します。
3. ウェブの形成: 繊維ブレンドはカーディングとウェブレイディングによって処理され、繊維ウェブを形成します。カーディングはウェブレイの形成中に繊維を整列させます。 4.固化:熱結合、化学結合、機械的固化などのさまざまな方法を使用して繊維ウェブを固化し、不織布
に一定の強度と安定性を与えます。
製品の機能性や外観を向上させるために、要件に応じて生地にコーティングや印刷などの後処理プロセスを施す場合があります。

生産工程

排水処理装置は、排水中の有害物質を効果的に除去し、環境への影響を低減します
大気汚染防止装置は、排気ガスから粒子状物質や有機化合物を除去し、環境と人の健康への被害を防止します
排水処理汚泥や有害廃棄物などの有害廃棄物大気汚染防止から生じる粉塵は、安全性と環境保護を確保するために、地域の規制に従って分類、保管、輸送、および廃棄する必要があります。

リサイクルと再利用
不織布はリサイクル可能な価値があるため、リサイクル箱に廃棄するか、専門の廃棄物管理会社で処理する必要があります。リサイクル
された不織布は、洗浄、破砕、再生などのプロセスを経て、次のような新しい不織布製品を製造できます。ワイプや断熱材の洗浄により、原材料の需要が減り、資源の消費が削減されます。

不織布はリサイクルして再利用することができます。適切な処理と処理により、不織布は新しい不織布製品やその他の価値のある材料に再生されます。このリサイクルプロセスは、廃棄物の蓄積を削減するだけでなく、新しい原材料の需要を減らし、節約にも役立ちますエネルギーと環境汚染の削減。

1. 医療用マスク:医療用マスクの製造に使用される主な素材である不織布は、微細な繊維構造と優れた通気性により、微生物や粒子状物質の拡散を効果的に遮断し、患者や医療従事者を保護します。マスクには柔らかさ、優れた通気性、交差感染を防ぐために細菌や粉塵を遮断および濾過する能力。

2. 手術用ガウンとキャップ: 不織布は、高温耐性、優れた耐薬品性、優れた通気性、柔らかさのため、手術用ガウンとキャップの製造に一般的に使用されており、微生物の蔓延を防ぎ、手術中に安全な環境を提供します。 。

3. 医療用包帯・包帯:不織布を利用して絆創膏や包帯などの各種医療用包帯を製造することができ、柔らかく快適なだけでなく、通気性や吸湿性にも優れ、傷の治癒・回復を促進します。

4. 授乳パッドや生理用ナプキン:使い捨て衛生用品としての授乳パッドや生理用ナプキンにも不織布が多く使用されており、その柔らかさ、吸湿性、通気性などにより快適な使用感が得られ、高い衛生性や清潔性の要求に応えます。医療分野。

5. 病院のベッドシーツと隔離ガウン: 不織布は病院のベッドシーツや隔離ガウンの製造にも使用でき、交差感染を防ぎ、清潔な医療環境を維持するのに役立ちます。

不織布は、壁紙、ベッドシーツ、ベッドカバー、テーブルクロスなどのさまざまなインテリアアイテムの製造によく使用されており、見た目の美しさだけでなく、柔らかさ、通気性、軽量などの特性を備えており、住宅環境をより快適にします。快適で楽しい。

不織布はカーテンの製造にも幅広く使用されており、光透過性とプライバシー保護特性に優れているため、室内の採光を十分に確保しながら外からの視線を効果的に遮り、室内にプライバシーを確​​保することができます。

さらに、不織布はさまざまな防音材の製造によく利用されており、その独特の繊維構造と優れた吸音性能により、騒音障害を軽減し、生活の質を向上させる住宅防音材として最適です。

バスルーム用品の製造においても不織布は優れた性能を発揮し、タオルやバスタオルなどのバス用品の製造に使用され、優れた吸湿性、柔らかさ、快適性が消費者に支持されています。

不織布はカーペットの裏地や合成皮革の素材にも応用され、家庭用品の多様性と機能性を強力にサポートしています。

1. 濾過・防音:自動車室内のフィルターや防音材に不織布が広く使われており、空気を効果的に濾過し、不純物や臭気を除去し、新鮮な車内環境を提供するとともに、優れた防音性により騒音の伝達を低減し、乗員の快適性を高めます。旅行中の快適さ。

2. 内装素材: 不織布は、シート、カーペット、ヘッドライナーなどの自動車内装部品の製造にもよく使用されており、その柔らかく通気性のある特性により、シートと内装がより快適になり、全体的な乗り心地が向上します。吸湿性に優れており、車内の湿気を吸収し、乾燥した車内環境を維持します。

3. 補強性・耐摩耗性:自動車製造において不織布は、ゴムシートの骨格補強材として使用されたり、ゴムと組み合わせてシールやステアリングコラム接続リングなどの部品に使用され、強度、耐摩耗性、耐磨耗性が大幅に向上します。コンポーネントの柔軟性により、耐用年数が延びます。

4. 環境代替品: 環境に優しい特性により、不織布は発泡製品などの一部の伝統的な自動車製造材料を徐々に置き換えており、これは自動車製造プロセスの環境への影響を軽減し、自動車産業の持続可能な発展を促進するのに役立ちます。

5. コスト削減:新しいタイプの自動車用不織布の継続的な導入により、自動車メーカーは、製造コストを削減するだけでなく、低価格を求める消費者の需要にも応え、革製シートなどのより高価な材料の代替としてこれらの製品の使用を検討しています。コストが高く、高性能な自動車製品。

不織布市場の見通しは前向きかつ幅広い傾向を示しており、世界の不織布市場は近年着実に成長しています。

技術革新による不織布製品の高性能化と応用範囲の拡大、環境意識の高まりによる環境に優しい不織布製品への消費者の需要、さらには新たな市場の出現により不織布市場に新たな成長機会がもたらされています。

不織布の医療分野での応用は特に顕著で、手術着、マスク、医療用寝具などに使用されており、その抗菌性、制菌性、通気性などの特性により、医療業界の高度な衛生要件を満たしています。

不織布は、その快適性と耐久性から、家庭分野では家具や寝具の製造に広く使用されているほか、農業用フィルムなど、雑草の成長を抑制し、作物の成長を調整する重要な役割を果たしています。環境。

環境配慮型素材への需要の高まりに伴い、持続可能な素材としての不織布市場の需要は今後も拡大していくことが予想され、大手不織布メーカーは市場動向を注視し、技術革新を促進し、ブランド構築を強化し、更なる市場シェアの獲得と達成を目指す必要がある。より良い発展を。

1. 原材料コスト:不織布の主な原材料は天然繊維や化学繊維を含む繊維であり、原材料価格の変動は不織布の生産コストに直接影響し、市場価格に影響を与えます
。不織布の品質や性能は、機種や生産設備の品質によって異なり、不織布の価格にも影響しますが、先進的な生産設備ではより高品質で効率的な不織布が生産されることが多いですが、設備コストは比較的高くなります
。市場の需給:不織布市場の需給状況は価格を決定する重要な要素であり、需要が供給を上回れば価格は上昇する傾向にあり、逆に供給が過剰であれば価格は下落することがあります
。 :環境意識の高まりに伴い、環境基準や環境認証を満たした不織布製品の市場人気が高まっており、これらの製品は生産時に環境に優しい工程や材料が採用されることが多いため、価格が相対的に高くなる場合があります
。また、各地域の経済発展レベル、消費者の購買力、産業政策なども不織布の価格に影響を与え、一般に市場需要が大きい先進地域では相対的に価格が高く、発展途上地域では市場需要が低いため相対的に価格が低くなります。 6.税制
: 政府の税制も不織布の価格に影響を与え、たとえば、不織布の生産または販売に対する税制上の優遇措置により、生産コストが削減され、市場価格に影響を与える可能性があります。

あなたは私たちに言います。 私たちは聞きます。

 

赤ちゃん用おむつ、大人用おむつ生理用ナプキンウェットティッシュ、その他の衛生用品の原材料について知りたい場合は、右側のフォームからお問い合わせいただくか、直接電子メールを送信してください: