diaper backsheet

おむつのバックシート

おむつのバックシートは、おむつの不可欠な部分であり、多くの場合「バックシート」と呼ばれます。または「基材」。おむつの底面の素材で、赤ちゃんの肌に近く、尿と接触し、底面からの尿漏れを防ぐために使用されます。

主な機能:

  • 通気性:空気の循環を可能にし、肌をドライに保ちます。
  • 吸収性:尿を素早く吸収し、おむつの吸収コアに分散します。
  • 柔らかさ:赤ちゃんの肌への摩擦を防ぎ、快適な感触を提供します。
  • 漏れ防止:おむつの外側への尿の浸透を防ぎます。

主原料:

おむつのバックシートは通常、不織布、通気性フィルム、吸収性素材などを含む複数の素材の層で構成されています。これらの素材の選択と設計は次の目的を目指しています。最適な吸収性、通気性、快適性を提供し、おむつを使用している間、赤ちゃんが新鮮で快適に過ごせるようにします。

梱包と配送

プラスチック カバー、カートン トレイ、顧客の要件/コンテナにロールでシュリンク ラップ負荷、PP 袋 + PE ラッピング フィルム

Pe Backsheet Film Package Type
PP bag +PE wrapping film
  1. 層構造: おむつのバックシートは通常、複数の素材の層で構成されており、それぞれが特定の目的を果たします。これらの層には、不織布、通気性の薄いフィルム、吸収性素材などが含まれる場合があります。

  2. 材料の選択: 材料の選択は、特定の特性を達成するために非常に重要です。通気性、吸収性、快適性を最適化するために、不織布、通気性フィルム、吸収性素材の組み合わせが選択されています。

  3. 機能ゾーン: バックシートには、水分保持と分散のための吸収層などのさまざまな機能ゾーンがあり、迅速な吸収を確保して漏れを防ぎます。

  4. 柔らかさと快適さ: 快適な感触を提供し、赤ちゃんの肌への摩擦や刺激を軽減するために、バックシートの柔らかさに特別な注意が払われています。あ>

  5. 漏れ防止機能: 設計には、特定のしきい値を超える液体の通過を妨げる特別なバリアや層など、漏れを防止することを目的とした機能が組み込まれている場合があります。

  6. 通気性: デザインには通気性を高めるための穴やその他の機能が含まれている場合があり、空気循環により赤ちゃんの肌を乾燥した状態に保ちます。

  7. 輪郭デザイン: 一部のおむつのバックシートには、ぴったりフィットする輪郭デザインが施されており、全体的な快適性を高め、漏れを防ぎます。

  8. 環境への配慮: 現代のデザインでは、消費者の好みに応じて環境に優しく持続可能な素材を組み込むなど、環境要因を考慮している場合があります。

  1. 通気性のある素材: おむつのボトム フィルムには、微多孔性フィルムや不織布などの通気性のある素材が組み込まれていることがよくあります。これらの素材は空気を通過させ、換気を促進し、皮膚炎のリスクを軽減します。

  2. マイクロミシン目: おむつのデザインによっては、底部フィルムにマイクロミシン目が入っているものもあります。これらの小さな穴は空気の交換を可能にし、乾燥した環境を維持し、過剰な湿気の蓄積を防ぎます。

  3. 通気性ゾーン: メーカーは、通気性の向上が不可欠な領域に重点を置いて、ボトム フィルム内の通気性ゾーンを戦略的に設計する場合があります。この的を絞ったアプローチにより、おむつの通気性とその他の機能面のバランスをとることができます。

  4. 湿気管理: 通気性のあるデザインは、多くの場合、効果的な湿気管理と連携して行われます。底部のフィルムは、赤ちゃんの肌から湿気を逃がしやすくし、乾燥した状態に保ち、おむつかぶれのリスクを軽減します。

  5. 特殊コーティング: 一部のおむつボトム フィルムには、効果的な漏れ防止を維持しながら通気性を高める特殊コーティングが施されている場合があります。これらのコーティングは、空気を循環させながら液体をはじくように設計されています。

  6. 輪郭のあるデザイン: 底部フィルムのデザインは赤ちゃんの形に合わせて輪郭が描かれており、ぴったりとフィットします。これにより、通気性を維持しながら、端からの漏れを防ぎます。

  7. 環境に優しい素材: メーカーは、通気性があり持続可能な環境に優しい素材を使用することが増えています。これらの素材は、環境に配慮した消費者の好みに合わせながら、全体的な通気性に貢献します。

おむつのバックシート、つまりボトムフィルムは通常、吸収層を持たせるように設計されていません。その代わりに、その主な機能は、尿などの液体がおむつの外に漏れるのを防ぐバリアとして機能することです。バックシートは、おむつ内の湿気を効果的に閉じ込めるために、防水または耐水性の素材で作られていることがよくあります。

おむつの効率的な水分吸収は主に、トップシート (赤ちゃんの肌に接触する層) とバックシートの間に位置する吸収性コアの役割を果たします。おむつの吸湿に関する重要なポイントは次のとおりです。

  1. 吸収性コア: 吸収性コアは通常、高吸収性ポリマー (SAP) やフラッフパルプなどの素材で作られており、液体を素早く吸収して保持します。 SAP はその重量の何倍もの液体を吸収することができるため、赤ちゃんの肌を乾燥した状態に保つことができます。

  2. 吸湿層: おむつのデザインによっては、吸収性コア内に吸湿層が含まれているものもあります。この層は液体をコア全体に均一に分散させるのに役立ち、効率的な吸収を確保し、局所的な飽和を防ぎます。

  3. 分散層: 分散層はトップシートと吸収性コアの間に配置されます。その目的は、液体を迅速かつ均一に分散させ、吸収コア全体の使用を最大限に活用することです。

  4. トップシート: 赤ちゃんの肌に直接触れるトップシートは、多くの場合、柔らかく通気性のある素材で作られています。赤ちゃんの肌を乾燥した状態に保ちながら、液体が吸収性コアまで通過できるようにします。

  1. 肌への接触: おむつのバックシートは赤ちゃんの肌と直接接触するため、不快感や刺激を防ぐためにその柔らかさは非常に重要です。柔らかいバックシートにより、優しく心地よい感触が得られ、赤ちゃんのデリケートな肌が擦れたりこすれたりする可能性が軽減されます。

  2. 快適なフィット感: 柔らかい素材が肌に対して滑らかで快適な表面を提供し、おむつの全体的な快適さを高めます。これは、おむつが赤ちゃんの太ももやお尻に直接触れる部分では特に重要です。

  3. 摩擦の軽減: 柔らかいバックシートにより、おむつと赤ちゃんの肌の間の摩擦を最小限に抑えます。これは、皮膚が粗い表面や研磨面と擦れたときに発生する可能性のある発赤、発疹、またはその他の炎症を防ぐために不可欠です。

  4. 柔軟性: 柔らかい素材は柔軟性が高いことが多く、おむつが赤ちゃんの体の動きに合わせてフィットします。この柔軟性によりフィット感が向上し、硬さによって生じる隙間や不快感が軽減されます。

  5. 通気性: バックシートの主な機能は漏れを防ぐことですが、柔らかく通気性のあるバックシートは全体的な快適さを高めることができます。空気の循環が可能になり、赤ちゃんの肌を乾燥した状態に保ち、おむつかぶれのリスクを軽減します。

  1. 防水素材: バックシートは通常、防水または耐水素材で作られています。ポリエチレンは液体に対して不浸透性があるため、おむつのバックシートによく使用される素材です。

  2. 非通気性層: 空気の循環を可能にする通気性のあるトップシートとは異なり、バックシートは液体に対するバリアを形成するために非通気性であることがよくあります。これは、 おむつ内の湿気を抑えるのに役立ちます。

  3. 伸縮性: 赤ちゃんの腰と脚の周りにぴったりとフィットするように、バックシートのデザインに伸縮性のある要素が組み込まれている場合があります。これは、液体が漏れる可能性がある隙間や開口部を防ぐのに役立ちます。

  4. シール技術: おむつメーカーは、ヒートシールや超音波接着などの高度なシール技術を使用して、バックシートに安全な縫い目や接合部を作成します。これらの技術により、おむつの全体的な完全性が向上し、漏れのリスクが軽減されます。

  5. レッグカフまたはギャザーエッジ: 一部のおむつは、レッグカフまたは脚開口部の周りにギャザーエッジを備えています。これらは、赤ちゃんの体にぴったりとフィットし、液体が漏れる可能性を最小限に抑えることでシールを形成し、漏れを防ぎます。

  6. 吸収性コアの統合: バックシートはおむつの吸収性コアと密接に統合されています。この統合により、コアによって吸収された液体はおむつの中に確実に閉じ込められ、外側の層に液体が到達するのを防ぎます。

  7. 分散層: おむつの設計によっては、バックシートに分散層が存在する場合があります。この層は、液体を吸収性コア全体に均一に分散させるのに役立ち、局所的な飽和や漏れの可能性を防ぎます。

  1. バックシートの素材: おむつの最外層であるバックシートは、通常、防水または耐水性の素材で作られています。一般的な素材には、液体に対するバリアとして機能し、尿が外部に通過するのを防ぐポリエチレンまたは同様のフィルムが含まれます。

  2. シール技術: おむつメーカーは、ヒートシールや超音波接着などの高度なシール技術を採用して、バックシートに強力で安全な縫い目や接合部を作成します。これは、尿が漏れる可能性のある開口部を防ぐのに役立ちます。

  3. 伸縮性とフィット感: おむつは赤ちゃんの腰と脚にぴったりフィットするように設計されています。ウエストバンドやレッグカフなどの伸縮性のある要素が、安全で快適なフィット感を実現します。このぴったりフィットにより、おむつから尿が漏れる可能性が最小限に抑えられます。

  4. 吸収性コアの統合: おむつの内側にある吸収性コアは、液体を素早く吸収して保持するように設計されています。吸収性コアとバックシートの一体化により、尿が効果的に捕捉されておむ内に閉じ込められ、漏れを防ぎます。

  5. レッグカフまたはギャザーエッジ: 一部のおむつのデザインには、レッグカフまたは脚開口部の周りにギャザーエッジが付いています。これらの要素はシールを形成するのに役立ち、おむつから尿が漏れるリスクを軽減します。

  6. 分配層: 分配層が存在する場合、吸収性コア全体に尿を均一に分配するのに役立ちます。これにより、コアが液体を効果的に吸収して保持できるようになり、局所的な飽和と潜在的な漏れが防止されます。

  7. 品質管理: メーカーは、各おむつが指定された基準を満たしていることを確認するために、厳格な品質管理措置を実施しています。これには、欠陥のチェック、適切な密閉の確保、使用される材料の完全性の検証が含まれます。

  1. ドライさと快適さ: 効果的なバックシートが湿気バリアとして機能し、尿などの液体が外部に浸透するのを防ぎます。これは、赤ちゃんの肌をドライで快適に保つのに役立ちます。赤ちゃんは、乾いていると感じたときにポジティブな経験をする可能性が高く、濡れによる不快感を避けることができます。

  2. 漏れ防止: バックシートの主な機能は漏れを防ぐことです。高性能バックシートと適切なおむつのフィット感により、尿がおむつの中に確実に閉じ込められ、漏れのリスクを最小限に抑えます。これは、特に睡眠や遊びなどの活動中に、赤ちゃんの自信と快適さにつながります。

  3. 皮膚の保護: 皮膚が濡れると炎症やおむつかぶれを引き起こす可能性があります。湿気を効果的に防ぐバックシートが赤ちゃんのデリケートな肌を保護し、より健康的なおむつの着用体験を促進します。

  4. 動きやすさ: 赤ちゃんは活発なので、たるみを防ぎ、動きの際の完全性を維持する適切に設計されたバックシートにより、動きの自由度が高まります。これにより、おむつが所定の位置に固定され、快適さが提供され、おむつのフィット感の悪さやたるみによって引き起こされる潜在的な不快感が防止されます。

  5. 通気性: バックシートは液体に対するバリアとして機能しますが、熱と湿気の蓄積を防ぐためにある程度の通気性を確保することが重要です。通気性のあるバックシートにより、より快適な使用感が得られ、皮膚炎のリスクが軽減されます。

  6. 柔らかさと質感: 赤ちゃんの肌に対するバックシートの感触は重要です。柔らかく快適なバックシートは全体的なエクスペリエンスを向上させ、メーカーは多くの場合、優しい手触りを確保するための素材の選択を考慮します。

  7. 簡単な取り外し: 取り外しが簡単なバックシートを備えたおむつは、おむつ交換プロセスをよりスムーズかつ便利にします。この側面は、親と介護者の両方にとって非常に重要です。

おむつのバックシートの製造プロセスにはいくつかのステップが含まれており、通常は次の段階が含まれます。

  1. 材料の選択:

    • バックシートの素材は、通気性、柔らかさ、防水性、快適性などを考慮して適切なものを選択してください。
    • 一般的な材料には、ポリエチレン、ポリプロピレン、または性能を向上させるための材料の組み合わせが含まれます。
  2. 印刷 (オプション):

    • バックシートのデザインに印刷されたグラフィックやブランド情報が含まれている場合、通常はこの段階で適用されます。
    • 印刷には、フレキソ印刷、グラビア印刷、またはその他の印刷方法が使用される場合があります。
  3. レイヤーアセンブリ:

    • バックシートが多層の場合、設計仕様に従って個々の層が組み立てられます。
    • 層には、防水のためのフィルム、柔らかさのための不織布、および特定の性能特性のためのその他の材料が含まれる場合があります。
  4. エンボス加工 (オプション):

    • 一部のおむつのバックシートには、美しさの向上、柔らかさの向上、または液体の分散の強化を目的としたエンボスパターンが特徴です。
  5. ミシン目 (オプション):

    • バックシートの通気性や引き裂き性を改善するために、ミシン目が追加される場合があります。
  6. ラミネート:

    • バックシートが複数の層で構成されている場合、粘着力と性能を確保するために、多くの場合一緒にラミネートされます。
    • ラミネートには、接着剤または他の結合方法の使用が含まれる場合があります。
  7. 切断と成形:

    • バックシート素材は、おむつのデザインに合わせて希望の寸法に切断および成形されます。
    • 適切なフィット感と機能を確保するには、精密なカットが不可欠です。
  8. 品質管理:

    • 品質チェックを実施して、バックシートが厚さ、引張強度、通気性、その他の関連特性の仕様を満たしていることを確認します。
    • 品質管理対策には、目視検査、テスト、サンプリングが含まれる場合があります。
  9. ローリングとパッケージング:

    • 完成したバックシート材料は通常、取り扱いと輸送を容易にするために大きなロールに巻かれます。
    • その後、ロールはおむつ製造業者に配布するために梱包されます。

正確な製造プロセスはメーカーによって異なる場合があり、技術の進歩により新しい方法や改良が導入される可能性があることに注意することが重要です。メーカーは、バックシートを含むおむつのコンポーネントの性能と持続可能性を向上させるために研究開発に投資することがよくあります。

おむつのバックシート生産の安定性と信頼性は、製品の品質を維持し、市場の需要を満たすために非常に重要です。製造プロセスの安定性と信頼性を確保するために、通常、いくつかの対策が講じられます。

  1. 品質管理システム:

    • ISO 9001 などの堅牢な品質管理システムを導入すると、標準化されたプロセスと手順を確立できます。
    • 品質基準への準拠を確保するために、定期的な監査と評価が実施されます。
  2. プロセス制御:

    • 厳格なプロセス管理措置を導入して、生産中に重要なパラメータを監視および制御します。
    • 温度、圧力、材料仕様などの変数を継続的に監視することで、一貫性を維持することができます。
  3. 従業員研修:

    • 生産スタッフが標準化された操作手順を理解し、確実に従うことができるよう、包括的なトレーニング プログラムを提供します。
    • トレーニング プログラムには、機器の操作、安全プロトコル、品質管理措置が含まれる場合があります。
  4. 設備保全:

    • 製造装置の故障を防ぎ、正確な性能を確保するために定期的なメンテナンスと校正を行います。
    • 多くの場合、予測保守スケジュールと予防保守スケジュールが実装されます。
  5. リアルタイム監視:

    • 生産変数に関する即時フィードバックを提供するリアルタイム監視システムを導入します。
    • 自動化システムは、設定パラメータからの逸脱を検出し、是正措置をトリガーできます。
  6. 品質保証チェック:

    • 生産プロセス全体に複数段階の品質保証チェックを組み込みます。
    • 原材料、中間製品、最終バックシートを検査し、問題を特定して修正します。
  7. トレーサビリティ システム:

    • バックシート素材の各バッチまたはロールの生産履歴を追跡するトレーサビリティ システムを導入します。
    • これにより、品質関連の問題を迅速に特定して解決できます。
  8. データ分析:

    • 生産データを分析して傾向、パターン、改善すべき領域を特定します。
    • データ主導の意思決定は、プロセスを最適化し、全体的な効率を向上させるのに役立ちます。
  9. サプライヤーとの関係:

    • サプライヤーとの強固な関係を維持し、安定した原料供給を実現します。
    • 品質管理と改善の取り組みに関してサプライヤーと協力します。
  10. 継続的改善:

    • 継続的な改善の文化を受け入れ、イノベーションと効率の向上を促進します。
    • パフォーマンスのフィードバックと技術の進歩に基づいてプロセスを定期的に見直し、更新します。

これらの対策を組み合わせることで、メーカーは安定性と信頼性が高いだけでなく、需要の変化や技術の向上にも適応できる生産環境の構築を目指しています。

おむつのバックシートが世界標準および規制に準拠していることを確認するには、業界標準、規制要件、および製品テストの順守を組み合わせて行う必要があります。これらのコンプライアンス対策を満たすために取られる一般的な手順は次のとおりです。

  1. 規制遵守の意識:

    • おむつの製造に関連する国際的な規制と基準に関する最新情報を入手してください。
    • 主要な規制には、米国食品医薬品局 (FDA)、欧州医薬品庁 (EMA)、または関連する国内規制機関などの機関による規制が含まれる場合があります。
  2. 材料の選択:

    • バックシートの原材料は規制や規格に準拠したものを選択してください。
    • 材料は安全性と品質基準を満たしている必要があり、サプライヤーは準拠を確認する文書を提供する必要があります。
  3. テストと認証:

    • おむつのバックシートに対して厳格なテストを実施し、性能と安全基準を満たしていることを確認します。
    • コンプライアンスを検証するには、公認の試験機関または認証機関から認証を取得してください。
  4. ISO規格:

    • 医療機器の生物学的評価に関する ISO 10993 など、おむつの製造に適用される関連する国際標準化機構 (ISO) 規格を遵守します。
  5. 文書化と記録の保管:

    • 材料仕様、製造記録、品質管理措置を含む、製造プロセスの詳細な文書を維持します。
    • 適切に記録を保管することで監査が容易になり、コンプライアンスを実証できます。
  6. 監査と検査:

    • 製造施設は規制当局または第三者監査人による定期的な監査または検査を受けます。
    • 監査は、改善すべき領域を特定し、継続的なコンプライアンスを確保するのに役立ちます。
  7. 品質管理システム:

    • 規制要件に準拠した包括的な品質管理システム (QMS) を導入します。
    • QMS は、プロセス、文書化、品質管理手段の管理に役立ちます。
  8. リスクアセスメント:

    • リスク評価を実施して、おむつのバックシートに関連する潜在的な危険性を特定し、軽減します。
    • リスクに対処することで、製品の安全性と規制順守が強化されます。
  9. ラベルおよび包装の遵守:

    • 製品のラベルと梱包が、材料、使用法、廃棄に関する適切な情報を含む規制要件を満たしていることを確認してください。
  10. グローバルな調和:

    • 世界市場へのアクセスを促進するために、国際的に認められた調和のとれた基準または規制を検討してください。
    • 国際電気標準会議 (IEC) 規格などの規格に準拠すると、複数の市場での受け入れが強化されます。
  11. 規制当局との関わり:

    • 関連する規制当局とオープンなコミュニケーションを確立し、コンプライアンス問題に関する指導と説明を求めます。
    • 積極的な関与は、懸念事項に対処し、潜在的な問題を防ぐのに役立ちます。

材料のコンプライアンス、テスト、文書化、規制機関との連携を組み合わせた包括的なアプローチを採用することで、メーカーはおむつのバックシートが世界基準と規制を確実に満たすことができます。規制や業界のベストプラクティスの変化に対応するには、プロセスの定期的な更新と調整が不可欠です。

あなたは私たちに言います。 私たちは聞きます。

 

幼児用おむつ大人用おむつの原材料について知りたい場合>、生理用ナプキンウェットティッシュなど衛生製品をお求めの場合は、右側のフォームからお問い合わせいただくか、jessica@juhuachuang.com に直接メールを送信してください。必要な場合は、無料サンプルをご利用いただけます。